• 詳細を見る
  • 「エアライン」4月号/Vol.502

    離着陸する旅客機の舞台、滑走路にフォーカス! 特集巻頭では成田国際空港を直撃、滑走路面と灯火・無線機器の点検業務に密着、24時間体制で滑走路の安全とパフォーマンスを守る現場からリポートする。滑走路の長さ・幅、磁方位、路面マークの意味、彩る灯火の種類、舗装と強度、パイロットから見た滑走路など、知識と蘊蓄を網羅の滑走路一本特集!
    (2021年2月27日発売 1,430円)

  • 詳細を見る
  • 「エアステージ」4月号

    コロナ禍のため思うように就活ができずに悩んでいるみなさんへ贈る「CAになる本」です。合格する人としない人の違いがわかります。CAになるための方法をご紹介。いまはCAになる方法が限られていますが、いつかきっと再開されるはず。あきらめないことも合格への道です。表紙は、ドラマ「エアガール」に出演の広瀬すずさんと坂口健太郎さんです。
    (2021年2月27日発売 1,188円)

  • 詳細を見る
  • 「航空旅行」 Vol.36

    あなたは日本一周旅行をしたことがありますか?「そんな非現実的な……」と思うかもしれませんが、飛行機ならば週末だけでも日本一周は可能。多様な日本の風土や文化を一気に楽しめるのは飛行機を使った周遊旅行の醍醐味です。魅力たっぷりの「日本一周」の空旅を提案し、誌上でも体験していただきます!
    (2021年1月28日発売 1,640円)

  • 詳細を見る
  • ヒコーキ写真テクニック 2021 WINTER

    特集は、基本のシューティング・マニュアル「航空機撮影入門」。被写体としての航空機を、旅客機と戦闘機の双方それぞれに固定翼機も加えて、撮影のための機材、シーン、ロケーション、狙う構図や光など、撮影者の観点から基本の所作と考え方を百戦錬磨のプロフェッショナル・フォトグラファー5氏が解説。新機材インプレッションやヒコーキ写真コンテスト受賞作品なども掲載。
    (2020年12月22日発売 2,090円)

  • 詳細を見る
  • 「Jウイング」4月号

    空自・岐阜基地で登場した最後のラストイヤー記念塗装機、飛行開発実験団のF-4EJ初号機を徳永克彦カメラマンが空撮! 巻頭でどーんとお届けする。特集は、軍用機ファンにとっての難関機種F-15、P-3、UH-60の派生型バリエーションの制覇に挑む。ラストイヤー塗装の空自ファントム&偵察ファントムをすべて集めた、付録ポストカードブック(8枚)も見逃せない!
    (2021年2月20日発売 1,430円)

  • 詳細を見る

  • 「パラワールド」4月号

    春到来!!エリアのLDでワイワイ楽しみたい!!「Camp&Fly de Landing」 キャンプブームでどこのキャンプ場もいっぱいだ。でも、フライヤーならエリアでキャンプができれば最高だ。キャンプできる全国のエリアと楽しみ方を紹介。そのほか、軽量グライダーの乗り方や扱い方のおさらいや、最新のミニミニ・インスツルメントなども紹介。アントワン・ジラールの「ノルウェー縦断、スカンジナビア半島の屋根をゆく」も必見です。
    (2021年2月27日発売 1,375円)

  • 詳細を見る
  • 「Jシップス」 2月号 vol.96

    決して姿を見せず静かに海中を遊弋し続ける潜水艦。今回の特集ではその強さの秘密を探るとともに、歴史、動力、弱点に至るまで、多方面から徹底解説。元海自潜水艦隊司令官執筆による臨場感あふれる潜水艦の戦い方や解説、現潜水艦隊司令官インタビューも見逃せない。巻頭は命名・進水式を迎えたFFM2「くまの」を全方位から激写、付録は最速の立体化、「くまの」1/700ペーパークラフトだ!
    (2021年1月9日発売 1,650円)

  • 詳細を見る
  • 「JグランドEX」No.11

    第一特集の「歩兵ウエポン事典」では、陸上戦力の中核である歩兵とそのウエポンについて徹底解説。陸自普通科の新たな取り組みに加え、小銃、対戦車火器から装甲車、ヘリコプターといったビークルまで、最新動向についてお伝えする。第二特集は「89式装甲戦闘車」。各部ディテール、性能、来歴に加え、各国ライバル車両についてご紹介する。第三特集「魅惑の最新・陸自食」や、付録「74式戦車オリジナルクリアファイル」も見逃せない!
    (2021年2月12日発売 1,980円)

  • 詳細を見る
  • 「MILITARY CLASSICS」
    Vol.72

    巻頭特集はみんな大好き、米英の主力戦車M4シャーマン!開発経緯、メカ、戦歴、各型、部隊編制、塗装図など盛り盛りのボリュームでお届けします。第二特集は日本海軍最後の連合艦隊旗艦・軽巡洋艦「大淀」。特徴的な艦型、数奇な艦歴などをイラスト満載で解説!他にもWWTの機関銃、イタリア軍の90mm自走砲、水上戦闘機「強風」などマニアック記事が勢揃い!
    (2021年1月21日発売 1,760円)

  • 詳細を見る
  • 「MC☆あくしず」Vol.59

    [総力特集]海上自衛隊の艦艇 フリートガールズ同好会。巻頭では海上自衛隊の艦艇を総力特集! 花形の護衛艦、潜水艦をはじめとして、掃海・哨戒・輸送に当たる掃海艦艇、ミサイル艇、輸送艦、そして後方で任務に当たる補給艦、練習艦、試験艦、海洋観測艦、潜水艦救難艦、訓練支援艦、砕氷艦などの補助艦艇まで、様々な海自艦艇を美少女擬人化して解説。各艦の任務やメカニズムの記事なども満載です。
    (2020年12月21日発売 1,489円)

  • 詳細を見る
  • 「農業ビジネスveggie」vol.32

    第1特集は「売れる野菜2021」。長引くコロナ禍でライフスタイルが変わり、野菜のニーズ・売り方が大きく変わっている。売りやすい品種は何か?どうすれば野菜が売れるか?ウィズコロナ時代の農業ビジネスを徹底特集。第2特集は「今、注目の農業資材 早わかり!!バイオスティミュラント」。
    (2021年1月25日発売 1,650円)

  • 詳細を見る
  • 「通訳翻訳ジャーナル」2021年春号

    第1特集は「調べ物スキルを見直そう」。情報過多の時代に、正しく必要な情報にたどり着くコツやジャンル別の調べ物のコツ、翻訳者の辞書事情がわかるデータも大公開!第2特集は「ことばの新常識」。時事用語、LGBTQ、世界の英語についてプロが解説。第3特集では激動の20−21年の翻訳・通訳市場を分析。翻訳コンテストは人気アメコミから出題!
    (2021年2月20日発売 1,430円)

  • 詳細を見る
  • 「素敵なフラスタイル」No.73

    2021年最初の号も読みごたえたっぷりにできあがりました!今号の特集は……ウリウリやイプ、プイリなどフラ楽器の基礎知識と使い方についてレクチャーする「フラ楽器まるわかりガイド」、今読んでおきたい本を一挙にご紹介「フラ&ハワイアン書店、オープン!」、さらに「フラダンサーの足を考える」、「はじめてみよう!ウクレレ」の4本です♪お見逃しなく♪
    (2021年1月27日発売 1,528円))

  • 詳細を見る
  • 「ベリーダンスジャパン」Vol.52

    BellydanceJAPANは残念ながら今号が最終号となります。最後にお届けするvol.52は、4人のダンサーと編集Nが本音対談!「ベリーダンスの『これまで』と『これから』」、今だからこそ!の「自主練&うちトレのススメ」「オンライン・ベリーダンスのたのしみかた」、先月亡くなったエジプト舞踊の父を偲ぶ「追悼 マフムード・レダ」の豪華4本立て!13年間、ありがとうございました!
    (2020年8月27日発売 1,320円)

  • 詳細を見る
  • 「Jレスキュー」3月号/110号

    特集は「東日本大震災から10年」。あの災害の教訓を今につなげるために、顕在化した課題にどう取り組むか、この10年間の歩みと現状をレポート。創刊20周年特別企画「消火戦術の改革」【渋消式】の誕生、密着レポート「埼玉県防災航空隊の1日を追う」なども掲載。
    (2021年2月10日発売 1,320円)

  • 詳細を見る
  • 「N(エヌ)」4月号

    特集はNゲージシーンでも賑わいを増す「路面電車」がテーマ。路線やモデルのプロフィールを知れば魅力はもっと大きくなり、小さな車両でも遊び方は無限大!第2特集は117系。京阪神間のサービスアップのために投入され、その試みは大成功を収めたが、その後は波乱の道を歩むことになる。JR化後も西日本で活躍する117系の歩みを見ていこう。
    (2021年2月20日発売 1,320円)

  • 詳細を見る
  • 「Jトレイン」Vol.81

    本年3月改正で定期運用から退くDD51の現状、歴史を振り返ります。現役各機の履歴をはじめ、名列車の先頭に立つ思い出のワンシーンを掲載。またこちらも姿を消そうとしている、首都圏における臨時工事列車のいまを追います。人知れず走行する国分寺工臨、銚子工臨のルポは必見です。好評の115系探訪は、新潟地区115系の平成編。
    (2021年2月20日発売 1,815円)

  • 詳細を見る
  • 「新幹線EX」Vol.58

    2020年は東北新幹線の全通10周年、そして2021年には東京駅乗り入れから30周年を迎えます。東海道、山陽につづく三男坊でしたが、いまや最高速度はトップ、北海道新幹線の全通に向けて凄い勢いで進化も続けています。そんな東北新幹線をさまざまな角度から紹介し、その全貌を明らかにします。
    (2021年1月21日発売 1,450円)

  • 詳細を見る
  • 「蒸気機関車EX」Vol.43

    特集は「D51一次型概論」。D51登場の背景からメカニズム、晩年にいたるまでの変遷など、そのヒストリーを詳細に解説。第二特集は「鉄の馬と兵ども」。美祢線・宇部線の石灰石輸送に従事した厚狭機関区D51を乗務員目線からドキュメント。そのほか、福知山機関区OBインタビュー検修編や個性派をみる後編などを掲載。博多乗り入れを行った58654号機や、修繕を終えた大井川鉄道C11190の試運転までをルポ。
    (2020年12月21日発売 2,500円)

  • 詳細を見る
  • 「電気機関車EX」vol.18

    国鉄分割民営化時より、12形式277両でスタートを切ったJR東日本の電気機関車たち。本号では2020〜2021年にかけてANNIVERSARYを迎えた高崎地区の機関車のほか、JR東日本機における34年間のうごきを総ざらい。また、今号よりスタートした久保 敏氏による「国鉄技術者の回想」や永井美智雄氏による『「天空」からの眺め』など、新連載もお楽しみください。 (2021年1月19日発売 2,500円)

出版物に関するお詫びと訂正
オリジナルサイト
通訳翻訳WEB 航空人 フラスタイルWEB ベリーダンス・ジャパンWEB
はじめてのフラメンコ MC☆あくしず パラワールドWEB エアステージ
Jレスキュー情報提供のお願い サイクリングハワイ イカロス旅倶楽部プレミアムツアー