• 詳細を見る
  • 「エアライン」4月号/Vol.466

    旅客機の進化とともにコクピットと操縦も進化している。世界で最も新しい旅客機、ボンバルディアCS300の操縦を、スイス インターナショナルエアラインズのチューリッヒ=ベルリン線で取材、完全密着ドキュメントで報告する。旅客機を操縦するとはどういうことなのか、オペレーショナルな手順、装備や資格、現代旅客機の操縦のリアルを明らかにする。
    (2018年2月28日発売 1,350円)

  • 詳細を見る
  • 「エアステージ」4月号

    今月は就活準備大特集号!【面接に合格する人、しない人】で面接の合否を決めるポイントとは? 【合格メイク】【合格するエントリーシートの書き方】【ANAとJALサービス比較】で企業研究をサポート。【JAL空港のサービスプロフェッショナルコンテスト予選】はグランドスタッフ志望者必見。表紙はアリタリア-イタリア航空、付録は【筆記試験問題集】です。
    (2018年2月28日発売 1,300円)

  • 詳細を見る
  • 「Jウイング」4月号

    ついに航空自衛隊の基地に配備されたステルス戦闘機F-35A。1月26日の三沢到着レポートとともに、保存版のステルス知識を大特集! 創設40周年を迎えた第304飛行隊は、赤塚聡カメラマンが記念塗装F-15を空撮! 併せて南西最前線の部隊を取材。国産新型輸送機C-2は初任務運行へ、そして岐阜ではC-2の電波情報収集型が初飛行! (2018年2月21日発売 1,250円)

  • 詳細を見る
  • 「パラワールド」4月号


    (2018年2月28日発売 1,296円)

  • 詳細を見る
  • 「Jレスキュー」3月号/92号

    今号の特集は「緊急走行テクニック」。緊急走行中に事故なく確実に隊員を現場に到着させるためには、何が必要か? ベテラン機関員がプロとしての心得、技術アドバイスを語った。さらに都市部での走行方法、雪国での走行方法、ポンプ機関員とはしご機関員の車両操作までを詳細に解説。また、メーカー専属インストラクターが解説油圧救助ツールによる最新式「車両の壊し方」も必見!
    (2018年2月10日発売 1,234円)

  • 詳細を見る

  • 「N(エヌ)」4月号

    特集は「つなぎの足し算・引き算」。セットになったNゲージ。そこからある車両を抜いたり、別の車両を足したりすることで、実車に即した別編成ができあがる。国鉄型車両を例に、セットの枠を越えた自分だけのつなぎを手に入れよう。第2特集「双璧」は私鉄の「両雄、特急の歴史」。路線網で他私鉄を圧倒する東武鉄道と近畿日本鉄道。数々の歴史的名車を生み出してきた両者の足跡をたどる。


    (2018年2月20日発売 1,296円)

  • 詳細を見る
  • 「通訳翻訳ジャーナル」春号

    機械翻訳の進化は著しく、自動通訳システムの開発も進んでいる。翻訳者や通訳者の仕事はこの先どうなるのか? 業界関係者の声を集めて現状・今後を分析。さらに、通訳ガイドツアー密着レポート、ミステリ翻訳の特集、17年の通訳・翻訳市場の振り返りと18年の業界動向調査、春のスクール特集も。翻訳コンテストはニュース記事の翻訳に挑戦!
    (2018年2月21日発売 1,404円)

  • 詳細を見る
  • 「Jトレイン」Vol.69

    国鉄時代の貴重な客車列車編成記録100本を一挙公開。使用車両の番号、牽引機など、さまざまな情報を読み取ることができます。また、話題のJR西日本の新型“旧型客車”35系インタビュー、全検出場直後のマイテ49 2も必見です。今号からスタートする115系探訪は、新潟車両センターの1000番代。今後の展開にご期待ください。
    (2018年2月21日発売 1,620円)

  • 詳細を見る
  • 「Jシップス」 2月号 vol.78

    2018年春には新型汎用護衛艦「あさひ」が就役し、ますます向上する海上自衛隊の防衛力。 今回の特集では「あさひ」型をはじめ、「そうりゅう」型「あきづき」型「いずも」型など近年就役した最新艦艇に加え、新イージス、新型護衛艦にも大注目。基礎知識から従来艦艇との違い、今後の建艦計画まで徹底的に解説してゆく。 付録はDVDとペーパークラフトの豪華2本立てだ!
    (2018年1月11日発売 1,620円)

  • 詳細を見る
  • 「航空旅行」 Vol.24

    サービス水準の高さで知られ、エアバスA380やA350XWB、ボーイング787など、最新鋭の旅客機を次々と導入することでも有名なのがシンガポール航空。旅客機ファンや航空旅行好きの間では人気抜群です。そんなシンガポール航空が日本就航50周年の節目を迎えるのを記念して大特集。世界最高峰と評価される同社のサービスを誌上でご堪能ください!
    (2018年1月29日発売 1,580円)

  • 詳細を見る
  • 「素敵なフラスタイル」No.61

    なぜハワイにとって、フラにとってレイは欠かせない存在なのか? 意外とあまりよく知られていないハワイのレイの世界をクローズアップ! 今回は一番古い島カウアイとロケラニの島マウイにて、クムフラやレイメイカーのお話を伺い、レイ製作の現場をレポートしました。特別付録は、カウアイ島の植物を堪能できる2018年のカレンダーです。
    (2017年12月27日発売 1,500円)

  • 詳細を見る
  • 「ベリーダンスジャパン」Vol.43


    (2018年2月27日発売 1,200円)

  • 詳細を見る
  • 「MILITARY CLASSICS」
    Vol.60

    巻頭特集では、長大な主砲と重厚な装甲を備えた第二次大戦最強の戦闘車輌、ドイツ重駆逐戦車エレファントとヤークトティーガーを徹底紹介。第二特集は日本海軍が誇る傑作水上機、“艦隊の目”として偵察、索敵、哨戒など多様な任務に活躍した、零式水上偵察機がテーマです。新連載『イスラム教徒の枢軸軍』のほか、九六式陸攻や米帆船コンスティチューションなど連載記事も必見!
    (2018年1月20日発売 1,730円)

  • 詳細を見る
  • 「MC☆あくしず」Vol.47

    巻頭ではWWIIイギリスとフランスの戦車を大特集!マチルダ、チャーチル、クルセイダー、ソミュアS35、ルノーB1bisなどを凛々しい姫騎士に例えて徹底解説します。恒例のカレンダーは現用戦闘機ガールズが登場。ピンナップはブレイブウィッチーズとあくしず戦姫で、ガルパン最終章の戦車特集もあり。萌え戦は戦後フランス戦車のARL44やAMX13などを取り上げます!
    (2017年12月21日発売 1,450円)

  • 詳細を見る
  • 「新幹線EX」Vol.46

    N700SやALFA-Xの登場、E4系や700系の引退など、2018年以降の新幹線は変革期に入ります。今号の特集は「新幹線オールカタログ」。各形式・編成ごとに、2017年のうごきを振り返り、2018年以降の動向を探ります。また、数を減らしつつある700系や、ALFA-X登場にいたるまでのJR東日本試験車両の系譜を振り返る小特集を交えながら、新幹線車両を網羅的に紹介していきます。
    (2018年1月20日発売 1,300円)

  • 詳細を見る
  • 「蒸気機関車EX」Vol.31

    前号の原ノ町機関区につづき、今号ではC62の塒・平機関区にスポットをあて、同区OBの元乗務員に話をうかがいます。好評の椎橋俊之氏による鉄の馬と兵どもはC62急行も担当した函館機関区。今号からはじまる連載、証言と資料でつづる「先達の轍」、朝日新聞フォトアーカイブの貴重な蒸機写真を抽出した「新聞社が見た鉄道」も必見です。
    (2017年12月21日発売 2,400円)

  • 詳細を見る
  • 「農業ビジネスマガジン」vol.20

    スーパーや生協、青果卸などで聞いてきました。「今どんな野菜が売れてますか?」──伝統野菜が意外に健闘、西洋野菜は希少性が減り、でも難易度の高い野菜はニーズも高い。そして加熱でおいしいトマト(調理用トマト)に新たな波が。2018年、野菜の現場は熱くなる!/第2特集「体験の提供」で反収を上げる新たな都市農業を紹介
    (2018年1月23日発売 1,620円)

  • 詳細を見る
  • 「路面電車EX」vol.10

    今回の特集は新潟トランシス。日本に超低床車をはじめて導入し、新時代を切り拓いたメーカーです。その源流をなす新潟鐵工所の時代からのあゆみから、LRT時代の展望、さらには日本に導入された車両のベースであるGT形も紹介します。また、今回は伊予鉄道に新たな低床車が登場しています。100%低床時代にあえて新しい提案をする最新車両を報告しましょう。
    (2017年10月20日発売 1,836円)

  • 詳細を見る
  • 「電気機関車EX」vol.06

    先日、オリジナル色に復元されたEF64 1001、EF65 2065を中心に、国鉄色機の魅力を紹介。その歴史やディテールに迫ります。好評の連載では秩父鉄道の電機や買収電機の歴史について詳説。 さらにJR発足30年を記念し、EH500+E26系にて運転された記念列車の舞台裏も必見です。今号も電気機関車の魅力をあらゆる角度からお伝えします。
    (2018年1月22日発売 2,376円)

  • 詳細を見る
  • ヒコーキ写真テクニック2018冬

    ミリタリーからF-4ファントム、エアライナーからボーイング787をピックアップ。 世界の空で退役があいつぎ、近く航空自衛隊からも姿を消すことが確実なファントムと、 日本の航空会社がローンチングカスタマーとなり、日本から数多くのメーカーが開発生産に参画した787。 いずれも日本となじみが深い2つの機種をテーマにプロカメラマンが切り込む。
    (2017年12月26日発売 1,944円)

出版物に関するお詫びと訂正
オリジナルサイト
通訳翻訳WEB 航空人 フラスタイルWEB ベリーダンス・ジャパンWEB
はじめてのフラメンコ MC☆あくしず パラワールドWEB エアステージ
Jレスキュー情報提供のお願い まいにちお弁当日和 サイクリングハワイ イカロス旅倶楽部プレミアムツアー
にっぽん全国たのしい船旅