• 詳細を見る
  • 「エアライン」7月号/Vol.457

    ニッポン最大の翼に成長したANAを総特集。最新鋭機で飛ぶ国際線レポートは、ハイパワーエンジンを装着した78-8で飛ぶ最新路線のメキシコシティ、A320neoで飛ぶ中国・杭州。現在のANAのフリート、ネットワーク、キャビン&シート、機内食など全方位を解剖。ANA新社長にインタビュー敢行、ANAが向かうべきその先の世界をきく。
    (2017年5月30日発売 1,404円)

  • 詳細を見る
  • 「エアステージ」7月号

    いよいよ2018年度新卒CA採用試験がスタート。採用試験直前の3日間取り組むだけでOKの【最短3日間で受験準備】はぜひとも本番前にチェックしよう。一方で残念な結果に悲しみに暮れている人もいるかも。でも落ち込むのはまだ早い! 特集【日本の個性派航空会社6】では、おすすめの個性的な航空会社をピックアップ。なにがあってもあきらめないで!
    (2017年5月27日発売 1,058円)

  • 詳細を見る
  • 「Jウイング」7月号

    ▼今月号は「在日米軍」の大特集。日本に駐留するアメリカ軍の難解な組織と部隊配置を解説し、装備する航空機全機種と主な艦艇を紹介。大災害など有事の動きにも触れる ▼昨年度、戦闘機の緊急発進回数は1168回と史上最多。第2特集で分析する ▼中国国産空母の進水、アデン湾のP-3Cなどのレポート、新型対艦ミサイル実射試験の消息も収録。
    (2017年5月20日発売 1,250円)

  • 詳細を見る
  • 「パラワールド」6月号

    巻頭特集は7月2日にスタートする8回目となった「レッドブルXアルプス」の見どころ解説。ルートを知り、選手を知り、使用グライダーを知り、ライブトラックを数倍楽しもう。 総力特集は「オールラウンド機」。メーカーのコンセプターは80%のパイロットがこれに乗るべきだと話す。今どきのオールラウンド機とは?今年のニューグライダーの速報もお届けします。
    (2017年4月28日発売 1,296円)

  • 詳細を見る
  • 「Jレスキュー」5月号/87号

    4月は新人職員の初任教育がスタートする季節。そこで規律正しい消防組織の中で「さすが!」と言わせるために備えておきたい消防マナーを徹底特集。東京消防庁の救急隊がレクチャーする「接遇」マナーも必見! 第二特集は、救助現場や山間部からの搬送、救急搬送技術など、「搬送」のテクニックと最新ツールを紹介。「全国新車速報」は新車納入ラッシュに合わせてページを大幅拡大!
    (2017年4月10日発売 1,234円)

  • 詳細を見る

  • 「N(エヌ)」6月号

    特集は「リアルを体感する運転STEP」と題して、Nゲージの運転についてとりあげる。より本物らしく運転するための車両ドレスアップやアクセサリー導入法、レイアウトプランなどをSTEP別に紹介する。 名車探訪はローカル線の近代化を目的に888両がつくられたキハ40系。登場から40年がたった現在も700両以上が活躍する事実は汎用性の高さ、使い勝手のよさを証明している。今回はそんなキハ40系の足跡をたどってみよう。
    (2017年4月20日発売 1,296円)

  • 詳細を見る
  • 「通訳翻訳ジャーナル」夏号

    気になるけれど、他人には聞きにくいお金の話を編集部が代わりに通訳者や翻訳者に聞きました!アンケートや匿名インタビューで「収入と働き方」に切り込みます。知りたい年収や料金の傾向がわかります!また今、進化が著しい「機械翻訳」について、連続企画で詳しく紹介していきます。「誌上翻訳コンテスト」は「スポーツノンフィクション編」です。
    (2017年5月20日発売 1,188円)

  • 詳細を見る
  • 「Jトレイン」Vol.66

    「貨物牽引機2017」として、今年3月ダイヤ改正における機関車のうごきを徹底解説。関東・中京・関西・北陸を中心に、注目の機関車運用、貨物列車を取り上げます。加えて昭和50年代の貨物動向を探りつつ、懐かしの風景を振り返ります。毎年恒例になった『首都圏貨物列車詳細時刻表』をはじめとした各種資料も必見です。
    (2017年5月20日発売 1,728円)

  • 詳細を見る
  • 「Jシップス」 6月号 vol.74

    特集では「かが」就役の模様を全方位から捉えるとともに、退役した「くらま」最後の姿も徹底取材。海自DDHの歴史とそのすべてを網羅する。巻頭は独占撮影の中国空母、ソマリア沖に展開する派遣海賊対処部隊の雄姿も見逃せない。知られざる重要部隊では開発隊群と「あすか」の全貌が明らかに。特別付録は好評の護衛艦全艦配備マップ&独占空撮の「かが」ポスターだ!
    (2017年5月11日発売 1,566円)

  • 詳細を見る
  • 「航空旅行」 Vol.21

    海外のリゾート地といえば、真っ先に思い浮かぶのがハワイ。日本人にとっては昔から憧れの旅行先です。今号の特集はそのハワイ航路。日米韓台のメジャーキャリアに加え、6月からはエアアジアXも参入してなんと8社が競合するこの路線、各社はサービスにさまざまな工夫を凝らしています。他の路線とは一味違うリゾート路線らしさを誌面でご満喫ください!
    (2017年4月27日発売 1,580円)

  • 詳細を見る
  • 「素敵なフラスタイル」No.58

    フラダンサー皆が大注目のメリー・モナーク・フェスティバル2017開催を前に「フラコンペティションではいったいどのように何が審査されているのか?」を大特集。審査員を務めるクムフラや優勝を飾ってきた日本のハラウ主宰者に取材してその秘密を探ります。第2特集ではハワイから日本へと繋がれているフラをアラカイの存在を通して語ります。その他連載ページをリニューアル。より深いハワイ文化の世界を紹介していきます。
    (2017年3月27日発売 1,500円)

  • 詳細を見る
  • 「ベリーダンスジャパン」Vol.40

    本誌は今号で10周年。という訳で、この10年間の日本のベリーダンスを振り返ってみる特別企画を詰め込んでみました。10年一昔とはよく言ったもので、日本のベリーダンス界も様変わりしました。その実態をどうぞ本号で読み比べてみて!! また、プレゼント企画も色々あり、23人の人気ダンサーからのコスチュームプレゼントは凄いです。是非、当てちゃって下さい!!
    (2017年5月29日発売 1,296円)

  • 詳細を見る
  • 「MILITARY CLASSICS」
    Vol.57

    巻頭では、日本戦車最多の生産数を誇り、太平洋戦争全域にわたって陸軍のワークホースとして奮闘した九五式軽戦車ハ号と、その弟的存在の海軍の水陸徴用戦車、特二式内火艇カミを特集。開発、運用、メカ、戦歴、型式などあらゆる側面から考察します。第二特集では二つの大戦で大きな活躍を見せたイギリス海軍のクィーン・エリザベス級戦艦を多角的に解説!
    (2017年4月21日発売 1,850円)

  • 詳細を見る
  • 「MC☆あくしず」Vol.44

    巻頭ではヤークトティーガー、ヤークトパンター、エレファントなど、重装甲大火力の駆逐戦車フレンズを美少女に例えて大特集します。ゲーム・あくしず戦姫は特集&ピンナップで大フィーチャー!アニメピンナップははいふり、ブレイブ、ガルパンと陸海空がそろい踏みです。萌え戦はM1エイブラムズ、特別企画では「かが」と「遼寧」の日中空母対決と、現用兵器も充実!
    (2017年3月21日発売 1,360円)

  • 詳細を見る
  • 「新幹線EX」Vol.43

    東海道新幹線の運転士に密着取材! 普段乗客の目に見えないところで、どのような気概で列車を運転しているのか、徹底取材しました。また北陸新幹線の異常時訓練や、JR西日本の新幹線運転士養成の研修所にも訪問。多方面から新幹線運転士を紹介します。好評の新幹線車両ガイドブックは、引退が迫るE2系0番代J・N編成を徹底紹介しています。
    (2017年4月21日発売 1,300円)

  • 詳細を見る
  • 「蒸気機関車EX」Vol.28

    蒸機末期、本州最後のC59・C62の塒としてファンの注目を集めた糸崎機関区。とりわけ蒸機牽引の急行「安芸」はファン垂涎の列車でした。今号では同機関区の配置機を検証するほか、元乗務員の方々にお集まりいただき、蒸機華やかなりしころの糸崎界隈を振り返ります。新連載「C60形蒸気機関車 47両の横顔」「北米蒸気機関車漫談」も必見です。
    (2017年3月21日発売 2,376円)

  • 詳細を見る
  • 「農業ビジネスマガジン」vol.17

    レストランも消費者も野菜にこだわる現代。生産者から直接買う「直販」が人気だ。食材宅配会社や小売店と取引するには? 直売所での売り切り方、シェフが喜ぶイタリア野菜やマニアック野菜の売り方、プロモーション方法。直販で問題になる「配送」では、地域でルート構築する「やさいバス」のルポ、あえて卸売市場流通を活用する配送方法も伝授。
    (2017年4月22日発売 1,620円)

  • 詳細を見る
  • 「路面電車EX」vol.09

    今回の特集は広島電鉄。社長の椋田昌夫さんに独占インタビューを敢行し、広電の現状から将来までを大いに語っていただきました。戦後の略史や車両の変遷なども詳細に解説しています!また巻頭では、年度末にデビューした鹿児島7500形や復活した熊本5014の速報、去りゆく都電7000形など、最新の話題もたっぷり盛って、路面電車のリアルが分かります!
    (2017年4月20日発売 1,836円)

  • 詳細を見る
  • 「電気機関車EX」vol.3

    ブルートレインの輝かしい歴史のなかには自然災害などでやむなく代わりの機関車が牽引、代走したこともありました。今回の特集は職員が一丸となって走らせた特異なシーンを紹介。加えて青梅線・南武線などで活躍した古豪ED16を取り上げます。運転操作や号機ごとの特徴を立川機関区で運転に携わった元乗務員にインタビュー。その証言はもとより、各種資料も必見です。
    (2017年4月21日発売 2,376円)

出版物に関するお詫びと訂正
オリジナルサイト
通訳翻訳WEB 航空人 フラスタイルWEB ベリーダンス・ジャパンWEB
はじめてのフラメンコ MC☆あくしず パラワールドWEB エアステージ
Jレスキュー情報提供のお願い まいにちお弁当日和 サイクリングハワイ イカロス旅倶楽部プレミアムツアー
にっぽん全国たのしい船旅