• 詳細を見る
  • 「エアライン」2月号/Vol.476

    777Xの初飛行が間近のボーイング、A330neoの飛行試験継続中のエアバス。ボンバルディアのCシリーズはエアバスA220に移行し、Q400のラインを売却。好調なエンブラエルE2シリーズにもボーイングの手が迫る。日本では三菱MRJも財務強化で開発を急ぐ。現在、旅客機メーカーで何がおきているか、最新と基本情報を収録したガイド。
    (2018年12月29日発売 1,458円)

  • 詳細を見る
  • 「エアステージ」2月号

    ◎CA&グランドスタッフ制服図鑑/エア・ドゥ新制服ファッション大解剖 ◎ANA Hawaii エアバスA380サービス発表 ◎ガルーダ・インドネシア航空/成田―デンパサール フライトレポート ◎生まれ変わって直行便就航/フィジー・エアウェイズ/成田―ナンディ線フライト ◎ルフトハンザ ドイツ航空/A350-900で羽田/ミュンヘン線フライト
    (2018年12月28日発売 1,166円)

  • 詳細を見る
  • 「Jウイング」3月号

    大特集は『自衛隊機2020’s』。「いずも型護衛艦にSTOVL戦闘機を搭載」「F-35を105機追加購入」「日本主導で戦闘機を開発」など、これから始まる新たな動きについて戦闘機を中心に10年先まで見通す! 小特集は陸自第1ヘリ団のCH-47輸送ヘリと、編集部が振り返る2018年の軍用機ニュース。各地で行われた自衛隊機の初訓練飛行も収録!
    (2019年1月21日発売 1,296円)

  • 詳細を見る
  • 「パラワールド」2月号

    謹賀新年。今号は「君は何を目指す?2019」と題して、それぞれのパイロット達が描く2019年のインタビュー特集を企画。彼らから何かインスパイアされるかも。巻頭特集では初めて紹介するタジキスタンの空、憧れのスイス氷河特急で楽しむスキー&パラも掲載。他に、ハーネスの2019モデル最新情報、テイクオフ重量を考えるなど多彩な内容でお届けします。
    (2018年12月29日発売 1,350円)

  • 詳細を見る
  • 「Jレスキュー」1月号/97号

    今号の特集は、「第一線の最新消火術」 高気密・高断熱化する現代建物に対する戦術として欧米で提唱されているトランジショナルアタックやフォグネイル&コブラ戦術の実際を取材。また、糸魚川市大規模火災から2年―。大火を教訓に中小規模消防本部が考案した新戦術の数々を大特集。全国すべての消防士必読!
    (2018年12月10日発売 1,296円)

  • 詳細を見る

  • 「N(エヌ)」2月号

    特集は「車両デザイン最新事情」。新幹線、特急、近郊、通勤型…。さまざまある鉄道車両の色やカタチには、そうなるべき背景がある。デザインの理由を知れば模型の世界もさらにおもしろくなる。車両のデザインや性能が決められた背景を探る第2特集「理由」。今回は寝台客車の新しい世界を切り拓いた国鉄20系を取り上げます。
    (2018年12月20日発売 1,404円)

  • 詳細を見る
  • 「通訳翻訳ジャーナル」冬号

    会社員の副業や兼業が認められるケースも増えるなど、働き方は多様化。フリーランスの通訳者・翻訳者も、自身の働き方を見直す時期にきているのでは? 通訳者・翻訳者の多様な働き方に焦点を当て、さまざまな実例を紹介。働き方をどう改革すればよいのかを考えていこう。翻訳コンテスト&出版翻訳ジャンル別ガイドはノンフィクション編。
    (2018年11月21日発売 1,296円)

  • 詳細を見る
  • 「Jトレイン」Vol.72

    山陽本線の風雨被害により運行された山陰本線迂回貨物列車を追跡し、その舞台裏にあった関係者の熱意と苦労を紹介します。特集は交直流電気機関車EF81。国鉄色になった97号機をはじめ、現役機全機を詳細に解説、さらにその歴史やしくみに迫ります。EF81全機の最新履歴一覧、保存機EF81 138の実測など、これまでにない記事満載です。 ★特別付録 J-trainカレンダー2019 諸河 久EF65Pの時代
    (2018年11月21日発売 1,782円)

  • 詳細を見る
  • 「Jシップス」 2月号 vol.84

    ついに戦闘機の運用が現実のものとなり、「いずも」はいよいよ事実上の「空母」となる。今回の特集は話題のDDHを全方面から徹底解剖。2018年の「かが」長期航海の詳細から、DDHの能力、メカニズム、「空母化」の行方までを解説する。海上保安庁は進水式を迎えた新「みずほ」をいち早く取材。綴込付録の護衛艦隊トランプは、護衛隊群の全艦がトランプで集結する!
    (2019年1月11日発売 1,674円)

  • 詳細を見る
  • 「航空旅行」 Vol.28

    今号の特集は機内食です。思い返せば、いまから30年近く前、学生時代に初めて行った海外旅行で食べたのが人生初の機内食。「機内食というのは宇宙食のようなものなのだろう」というのが当時の感想(誤解)でした……。しかし、今や機内食は各社が最も力を入れるサービス分野の一つ。名店とのコラボメニューもすっかり当たり前に。そんなハイレベルな最新機内食事情をフライトの様子を交えてお伝えします!
    (2019年1月29日発売 1,580円)

  • 詳細を見る
  • 「素敵なフラスタイル」No.65

    巻頭特集「もっと楽しく、もっとキレイに、フラの『困った!』解決法」「踊り手のこころを語るフラ、レイ、装飾品、衣装」でフラダンサーが知りたいをカバー。噴火終息宣言が出たキラウエア火山では新たな神が出現した模様。ホノルルの「フラ・ホオラウナ・アロハ2018」と東京「全日本フラ選手権」、クムフラ座談会、恒例の付録カレンダーはクムフラからの「フラダンサーへ贈る言葉」。今号もみっちり充実の内容でお届けします。
    (2018年12月27日発売 1,500円)

  • 詳細を見る
  • 「ベリーダンスジャパン」Vol.46

    今号は例年通り特別付録の特製ダイアリーが付いています。また恒例のシャイニングダンサー2018も発表。果たして誰が選ばれたのか?特集はカッコイイ アサヤ。マスター・ティーチャーからその基本と魅せ方を教えてもらいました。他にメリットがいっぱいのボディストッキングをオシャレにコスチュームに取り入れる方法を徹底研究。ぜひ暖かいのでこの季節、取り入れてみては?
    (2018年11月28日発売 1,350円)

  • 詳細を見る
  • 「MILITARY CLASSICS」
    Vol.64

    巻頭特集は日本海軍の翔鶴型空母。真珠湾攻撃からレイテ沖海戦まで、太平洋戦争を通じ、主力空母として奮戦した「翔鶴」「瑞鶴」を取り上げます。第二特集ではイギリス空軍の夜間爆撃を担った四発重爆、ランカスターを徹底解説。MP40短機関銃、大西洋でのイタリア潜水艦、タイ王国空軍博物館などを取り上げた、連載・特別企画も盛り沢山でお送りします。
    (2019年1月21日発売 1,730円)

  • 詳細を見る
  • 「MC☆あくしず」Vol.51

    巻頭特集は第二次大戦後期に活躍した各国の主力戦闘機。四式戦、紫電改、P-51D、F4U、Bf109K、Fw190D、スピットファイア、テンペスト、La-7、MC205Vなどの擬人化少女が登場します。別冊付録は艦艇擬人化娘たちの2019年カレンダー。ガルパン、ブレイブウィッチーズのサンタピンナップも付いてくる!萌えよ!戦車学校は陸自編に突入、61式戦車が登場です!
    (2018年12月21日発売 1,450円)

  • 詳細を見る
  • 「新幹線EX」Vol.50

    ついに『新幹線EX』は今号で通巻50号を迎えました。ありがとうございます。これを記念して、今回の特集は「新幹線50の秘密を解き明かす」と題して、常識やナゾ、豆知識など、あらゆる角度から新幹線に迫ります。ひとつの節目を越え、さらに100号を目指して、強力な連載陣もさらに強化して、ますます楽しめる『新幹線EX』として頑張ります!
    (2019年1月21日発売 1,400円)

  • 詳細を見る
  • 「蒸気機関車EX」Vol.35

    昭和49年秋までC11の活躍が見られた会津若松運転区。電化前の磐越西線ではD50やD51の死闘がありました。乗務員・検修担当のエピソードに加え、復活後のD51498の運転についても収録。会津若松の扇形庫・転車台の解説も必見です。さらに「3シリンダ機C53の生涯」では、松本謙一氏の解説とともに、貴重なC53現役時の写真をご堪能いただけます。
    (2018年12月22日発売 2,484円)

  • 詳細を見る
  • 「農業ビジネスveggie』」vol.24

    毎年恒例、「売れる野菜」特集。「注目の野菜・果物 カラーカタログ」は、流通・小売の現場に取材した声をもとに、2019年の売れる野菜をピックアップ。さらに首都圏の立地別に野菜の売り方や人気の野菜の傾向を分析したり、飲食店にうける野菜のヒントなどを紹介する全56頁の大特集!その他、消費税増税&軽減税率、国産チーズ関連の記事なども!
    (2019年1月22日発売 1,620円)

  • 詳細を見る
  • 「路面電車EX」vol.12

    今回の特集は札幌の路面電車100年。市電としては91年目だけれど、民間時代も入れれば100年だし、鳴り物入りで新車も入ったし、話題は豊富。地震にもめげず頑張る札幌市電を総力特集します。また、今年はInnotransがベルリンで開催されたので、最新の欧州LRT事情もご紹介します。国内から海外まで、路面電車・LRTのあらゆる情報を網羅していますよ。
    (2018年10月19日発売 1,836円)

  • 詳細を見る
  • 「電気機関車EX」vol.10

    新鶴見機関区EF65今昔 EF65 1001が誕生してから本年でPF型は50年を迎えました。 いま唯一定期運用をもつJR貨物新鶴見機関区には36両が在籍しており、 首都圏から関西地区そして四国松山までと広範囲にわたり使われています。 近年、国鉄色に戻されつつある同区PF型の形態と運用、 そして一般型から蓄積された新鶴見機関区EF65 49年の足跡を再現します。
    (2019年1月21日発売 2,484円)

  • 詳細を見る
  • ヒコーキ写真テクニック2019Winter

    大空へ飛び立つ瞬間の飛翔シーンことヒコーキ写真の醍醐味だ。 加速とエンジン音の高まり、パワーと緊張感がみなぎり、浮揚の瞬間をとらえる。 しかし、離陸は被写体に焦点をあわせたまま、スピードに追従、狙いの構図を逃さない、難しいテクニックが要求される。 特集では離陸をテーマに、著名写真家の中野耕志、黒澤英介、ルーク・オザワ、佐々木豊の各氏のギャラリーを掲載、離陸写真の美学と技術を追求する。
    (2018年12月28日発売 2,052円)

  • 詳細を見る
  • 「JグランドEX」No.2

    第1特集は「10式戦車」。全周囲ディテール詳解から、部隊での活躍ぶりの独自取材記事など、10式戦車のすべてを徹底的に網羅。第2特集は「CH-47J/JAチヌーク入門」。こちらも部隊への独自取材をはじめ、任務からメカニズム、体験搭乗のポイントまで多面的に解説します。特別付録「陸上自衛隊カレンダー2019」と、水陸両用車AAV7の国内初の上陸訓練での雄姿も要注目です。
    (2018年11月13日発売 1,728円)

出版物に関するお詫びと訂正
オリジナルサイト
通訳翻訳WEB 航空人 フラスタイルWEB ベリーダンス・ジャパンWEB
はじめてのフラメンコ MC☆あくしず パラワールドWEB エアステージ
Jレスキュー情報提供のお願い にっぽん全国たのしい船旅 サイクリングハワイ イカロス旅倶楽部プレミアムツアー