• 詳細を見る
  • 「エアライン」5月号/Vol.479

    旅客機のメンテナンスの現場から、沖縄の新しい格納庫で事業を開始したMRO Japan、日本国政府専用機B-747の受託整備を完遂したJAL、訓練に実機の整備教材737-500を使用するANAをリポート。航空整備士たちの資格と仕事の現実をきく。ロールアウトした777Xと日本に到着したANA A380の最新情報も収録。
    (2019年3月30日発売 1,404円)

  • 詳細を見る
  • 「エアステージ」5月号

    3月1日募集要項がいっせいに発表された航空業界。今月号は人気ナンバーワンエアラインANA大特集号をお届け。新規路線ウィーン線フライトレポート、CA、グローバルスタッフ職、自社養成パイロット、グランドスタッフ、ANAグループ企業をインタビュー。ANAというグローバルな企業で活躍したい人のための情報が満載。付録の【THE ANA BOOK】で企業研究はコンプリート。
    (2019年3月28日発売 1,400円)

  • 詳細を見る
  • 「Jウイング」5月号

    日本初のF-35飛行隊発足を前に、3月2日、百里基地では移動記念式典を開催した。その模様をお届けするとともに、特集では空自の歴代戦闘機をエッセンス満載で振り返る! 第2特集は空自の航空管制。空域と飛行場で起こる無理難題を、管制官とたった1本の滑走路が受け止めた。陸自新型多用途ヘリUH-X納入式、OH-1飛行再開、F-2B墜落の詳細など。
    (2019年3月20日発売 1,296円)

  • 詳細を見る
  • 「パラワールド」4月号

    今号の特集は、各社から出揃った軽量機の最新モデルの徹底チェック。そろそろ軽量機に乗り換えたいフライヤーは必読だ。 巻頭では6月16日にスタートするXアルプス参戦選手の肖像、いつか飛んでみたい世界遺産のカッパドキア、上手くフライトするためのスピードレンジの扱い方、新装開店した長野の鳩吹エリアのルポなどをお届けします。
    (2019年2月28日発売 1,350円)

  • 詳細を見る
  • 「Jレスキュー」3月号/98号

    今号の特集は、「目指せ! 最強の指揮隊」 災害現場における消防活動において、出場部隊を的確に指揮統制して早期の収束を図るとともに、隊員の安全管理を担うのが指揮隊の役割だ。今号では横浜市消防局や大阪市消防局など各地の指揮隊を取材。その運用の実態に迫るとともに、指揮隊が奮闘した事例や名指揮官のインタビューなどを紹介する。
    (2019年2月9日発売 1,296円)

  • 詳細を見る

  • 「N(エヌ)」4月号

    特集は「オールアバウト新幹線」。モデルも増え、Nゲージでも人気ジャンルのひとつとなった新幹線。10両を超える編成を組んでダイナミックに走らせるのはもちろん、特徴のある短編成で遊ぶのも違った楽しさがあります。第2特集はC62。旅客用大型蒸気機関車として終戦間もない1948年に誕生。登場のいきさつや、運用の変遷などを探ってみたい。
    (2019年2月20日発売 1,296円)

  • 詳細を見る
  • 「通訳翻訳ジャーナル」春号

    新しい元号となる2019年、通訳・翻訳業界もここ数年、機械翻訳の進化などに伴い、変化の波の中にある。通訳者・翻訳者としてこれからも活躍し続けるために、今できることはなにか? 業界の先輩やエージェントからの提言をたっぷり掲載。翻訳コンテストは「アジア文芸編」。最優秀者には全文翻訳、翻訳家デビューのチャンスあり!
    (2019年2月21日発売 1,404円)

  • 詳細を見る
  • 「Jトレイン」Vol.73

    新幹線上野開業、そして急行列車が大整理された昭和60年3月ダイヤ改正を詳説。ゆかりの189系と185系200番代を取材、そのディテールに迫ります。加えて伊藤 桃さんによる「ムーンライト81号」のルポも収録。第二特集では元・西武鉄道担当者に、現在大井川鐵道で活躍するE31形の誕生秘話をうかがいました。今号も未発表のエピソード・資料満載です。
    (2019年2月21日発売 1,674円)

  • 詳細を見る
  • 「Jシップス」 4月号 vol.85

    今回の特集では先頃就役した最新鋭護衛艦「しらぬい」を筆頭に、「いずも」の“空母化”や建造中のイージス艦「まや」、新型護衛艦FFM、哨戒艦など、2020年代までに導入される最新艦艇の姿を追う。第2特集は水陸両用作戦の主役となる掃海隊群を徹底取材。特別付録は迫力の“空母”「いずも」イラストと、全護衛艦を網羅したB5判護衛艦隊クリアファイルだ!
    (2019年3月11日発売 1,620円)

  • 詳細を見る
  • 「航空旅行」 Vol.28

    今号の特集は機内食です。思い返せば、いまから30年近く前、学生時代に初めて行った海外旅行で食べたのが人生初の機内食。「機内食というのは宇宙食のようなものなのだろう」というのが当時の感想(誤解)でした……。しかし、今や機内食は各社が最も力を入れるサービス分野の一つ。名店とのコラボメニューもすっかり当たり前に。そんなハイレベルな最新機内食事情をフライトの様子を交えてお伝えします!
    (2019年1月29日発売 1,580円)

  • 詳細を見る
  • 「素敵なフラスタイル」No.65

    巻頭特集「もっと楽しく、もっとキレイに、フラの『困った!』解決法」「踊り手のこころを語るフラ、レイ、装飾品、衣装」でフラダンサーが知りたいをカバー。噴火終息宣言が出たキラウエア火山では新たな神が出現した模様。ホノルルの「フラ・ホオラウナ・アロハ2018」と東京「全日本フラ選手権」、クムフラ座談会、恒例の付録カレンダーはクムフラからの「フラダンサーへ贈る言葉」。今号もみっちり充実の内容でお届けします。
    (2018年12月27日発売 1,500円)

  • 詳細を見る
  • 「ベリーダンスジャパン」Vol.47

    普段なんとなくわかった気になっているベリーダンスの基本を総ざらい!「ベリーダンスの最新基礎知識」。人気ダンサーがお気に入りや思い出深い衣装を大公開「人気ダンサーのコスチュームが知りたい!」。アスリートだけじゃない、趣味ダンサーだって「試してみたい! イメトレのチカラ」。今回もベリーダンスが楽しく面白くなる特集モリモリでお届けします!
    (2019年2月27日発売 1,200円)

  • 詳細を見る
  • 「MILITARY CLASSICS」
    Vol.64

    巻頭特集は日本海軍の翔鶴型空母。真珠湾攻撃からレイテ沖海戦まで、太平洋戦争を通じ、主力空母として奮戦した「翔鶴」「瑞鶴」を取り上げます。第二特集ではイギリス空軍の夜間爆撃を担った四発重爆、ランカスターを徹底解説。MP40短機関銃、大西洋でのイタリア潜水艦、タイ王国空軍博物館などを取り上げた、連載・特別企画も盛り沢山でお送りします。
    (2019年1月21日発売 1,730円)

  • 詳細を見る
  • 「MC☆あくしず」Vol.52

    ■サイズがA4判になり、より読みやすく、イラストが大きくなりました!■巻頭特集は日本海軍の水上機・飛行艇。零式観測機、零式水偵、二式水戦、二式大艇などの擬人化少女が登場します。第二特集のテーマはT-72、T-80、T-90、T-14といったロシアの主力戦車。第二次大戦期の各国の列車砲を擬人化した別冊付録も付いてくる!ガルパン、ストライクウィッチーズ、荒野のコトブキ飛行隊のピンナップも!
    (2019年3月20日発売 1,450円)

  • 詳細を見る
  • 「新幹線EX」Vol.50

    ついに『新幹線EX』は今号で通巻50号を迎えました。ありがとうございます。これを記念して、今回の特集は「新幹線50の秘密を解き明かす」と題して、常識やナゾ、豆知識など、あらゆる角度から新幹線に迫ります。ひとつの節目を越え、さらに100号を目指して、強力な連載陣もさらに強化して、ますます楽しめる『新幹線EX』として頑張ります!
    (2019年1月21日発売 1,400円)

  • 詳細を見る
  • 「蒸気機関車EX」Vol.36

    特集「山陽本線C62」 巻頭グラフでは、山陽路を駆けるC62の名シーンや広島地区における急客機の変遷を紹介。つづく機関車紹介では、広島区にゆかりある21両のC62をピックアップするほか、広島に縁が深いC62 1を連載「履歴簿に見る機関車の一生」でクローズアップ。さまざまな角度から、“山陽路のC62”に迫ります。
    (2019年3月22日発売 2,376円)

  • 詳細を見る
  • 「農業ビジネスveggie』」vol.24

    毎年恒例、「売れる野菜」特集。「注目の野菜・果物 カラーカタログ」は、流通・小売の現場に取材した声をもとに、2019年の売れる野菜をピックアップ。さらに首都圏の立地別に野菜の売り方や人気の野菜の傾向を分析したり、飲食店にうける野菜のヒントなどを紹介する全56頁の大特集!その他、消費税増税&軽減税率、国産チーズ関連の記事なども!
    (2019年1月22日発売 1,620円)

  • 詳細を見る
  • 「路面電車EX」vol.12

    今回の特集は札幌の路面電車100年。市電としては91年目だけれど、民間時代も入れれば100年だし、鳴り物入りで新車も入ったし、話題は豊富。地震にもめげず頑張る札幌市電を総力特集します。また、今年はInnotransがベルリンで開催されたので、最新の欧州LRT事情もご紹介します。国内から海外まで、路面電車・LRTのあらゆる情報を網羅していますよ。
    (2018年10月19日発売 1,836円)

  • 詳細を見る
  • 「電気機関車EX」vol.10

    新鶴見機関区EF65今昔 EF65 1001が誕生してから本年でPF型は50年を迎えました。 いま唯一定期運用をもつJR貨物新鶴見機関区には36両が在籍しており、 首都圏から関西地区そして四国松山までと広範囲にわたり使われています。 近年、国鉄色に戻されつつある同区PF型の形態と運用、 そして一般型から蓄積された新鶴見機関区EF65 49年の足跡を再現します。
    (2019年1月21日発売 2,484円)

  • 詳細を見る
  • ヒコーキ写真テクニック2019Winter

    大空へ飛び立つ瞬間の飛翔シーンことヒコーキ写真の醍醐味だ。 加速とエンジン音の高まり、パワーと緊張感がみなぎり、浮揚の瞬間をとらえる。 しかし、離陸は被写体に焦点をあわせたまま、スピードに追従、狙いの構図を逃さない、難しいテクニックが要求される。 特集では離陸をテーマに、著名写真家の中野耕志、黒澤英介、ルーク・オザワ、佐々木豊の各氏のギャラリーを掲載、離陸写真の美学と技術を追求する。
    (2018年12月28日発売 2,052円)

  • 詳細を見る
  • 「JグランドEX」No.3

    第一特集は「AAV7と水陸機動団」。注目の新設部隊「水陸機動団」とそのメインウエポンである「AAV7」を徹底紹介。各種演習での雄姿や、AAV7の全周囲ディテール詳解のほか、水陸両用戦の進化、各国装甲兵員輸送車カタログなどを網羅。第二特集は「陸自装備の見分け方」。戦車と自走りゅう弾砲の差や、小銃・狙撃銃・軽機関銃の差など、各種装備品の見分け方法を解説。
    (2019年2月19日発売 1,728円)

出版物に関するお詫びと訂正
オリジナルサイト
通訳翻訳WEB 航空人 フラスタイルWEB ベリーダンス・ジャパンWEB
はじめてのフラメンコ MC☆あくしず パラワールドWEB エアステージ
Jレスキュー情報提供のお願い にっぽん全国たのしい船旅 サイクリングハワイ イカロス旅倶楽部プレミアムツアー