トップ農業関連

 
New持続的農業の土づくり
 新刊 
持続的農業の土づくり
ISBNコード:978-4-8022-1104-8
刊行種別:ムック
発売日:2021年12月07日
サイズ:B5判
ページ数:132
定価:1980円(税込)
在庫状況:.

いま「土づくり」が注目されています。堆肥の施用量が減少して農地全体の地力≠ェ低下するとともに、養分の過剰や不足による生育不良や病害虫が多発。そんな土壌の不健康≠改善し、持続可能な農業をおこなうには? 土壌の基礎知識をまとめ、気になる最新の資材・サービス・手法の中身を詳しく解説。さらに、自分の土壌と向き合い続ける有機農家4人の「土づくり」ストーリーも。SDGs時代の土づくりを知る1冊。 

   
     
 
     
   
     

CONTENTS


現代「土づくり」の基礎知識
(監修 一般財団法人 日本土壌協会)
1.作物にとって「良い土壌」とは?
2.日本の「土」のおもな種類
3.土の大事な役割「緩衝能」とは?
4.土の「排水性」と「保水性」をあわせ持つ団粒構造
5.土の「保肥力」のポイントとなるもの
6.根が水分と酸素を必要とするわけ
7.作物の必須17元素と有用元素
8.なぜ土壌微生物が注目されるのか?
9.科学的農業と「土壌分析」「土壌診断」
10.いま起きている土壌の問題と「土づくり」

 

あたらしい土づくりの資材と手法
◎緑肥の上手な使いかた
1.緑肥とは何か
2.緑肥はどう減肥に役立つか
3.緑肥の土づくりへの効果
4.緑肥のその他の効果
5.緑肥を栽培するポイント
◎バイオスティミュラントで土づくり
◎「ビール酵母の細胞壁」が土を変える
◎連作障害とは無縁! 丹念な土づくりで年8作を30年続けるチンゲンサイ農家
◎枯草菌の分泌物で自然界の土壌団粒化を実現する
◎腐植の希少成分「フルボ酸」は土壌でどんなはたらきをしてくれるのか?
◎土づくりを新たな次元に引き上げる 肥料メーカーが土壌断面調査に取り組む理由

 

土の姿を知る
◎有機農業の新定番SOFIXで 土の「肥沃度」を上げる
◎持続的農業の土づくりに1本の柱≠建てる土壌医検定
◎「BLOF理論」の土づくり

 

私の土づくりストーリー
◎東京多摩の土づくりストーリー1,2,3
◎「生態系サービス」を大いに使って、人も地球も幸せにしましょうよ