トップ消防・防災・レスキュー隔月刊Jレスキュー

NewJレスキュー 2021年7月号(Vol.112)
 新刊 
Jレスキュー 2021年7月号(Vol.112)
ISBNコード: 
刊行種別:隔月刊
発売日:2021年06月10日
サイズ:A4変型判
ページ数:130
定価:1320円(税込)
在庫状況: 

[特集]
特殊災害・テロの初動対応は消防だ!
【消防CBRNEの新戦術】

東京2020大会の開催予定を直前に控え、テロ災害に備える「CBRNE特殊災害対応」特集!
大規模イベントでCBRNEテロが発生した場合に、消防はファーストレスポンダーとしてどう動くべきか。負傷者の医療機関へのすばやい搬送のために、今、一次トリアージ、ウォームゾーンでの対応方法が見直され始めている。また初動では無人ロボット、ドローン、化学剤遠隔検知装置など最新ツールが活用されている。世界的なイベントを経験している横浜市消防局、大阪市消防局の新マニュアル、千葉市消防局、木更津市消防本部の先進的な取組等、貴重な情報が満載だ。 



 
     
 
     
     

CONTENTS

特集
特殊災害・テロの初動対応は消防だ!
消防CBRNEの新戦術

 

・ウォームゾーンの活動を強化する
横消式・新NBCトリアージ法!
―横浜市消防局―

 

・今、強化すべきは『除染』だ!
NBC新マニュアル施行開始
―大阪市消防局―

 

・千葉市消防局の本気の爆弾テロ災害対応
―千葉市消防局 花見川消防署CBRNE対応隊―

 

・CBRNE木更津モデルが始動!
木更津市消防本部「CBRNE災害対応部隊」

 

・病院前救急MCLS-CBRNEが提言する
化学テロ災害時の、「助ける」ための初動対応

 

・日本での爆発物テロ生起の可能性
―ファーストレスポンダーとして消防等が知っておきたいことー

 

・CBRNE災害に消防はどう対応すべきか
―Cテロ、爆弾テロ、NR災害に備えて―

 

・海外ではどんなCBRN訓練が行われているのか
―対化学テロの訓練を主体に―

 

◇ついに10市での共同運用がスタート!
「ちば北西部消防指令センター」

 

・災害時の危険倒木の処置法
ワインポイント講座

 

・著者の本棚から<第3回 阪神・淡路大震災の記録>

 

【新・三連はしご逆伸てい要領】
―熊本市消防局―

 

【新連載】水難救助ダイビング講座
わかりやすいCBRN検知器入門
【消防車両の基礎知識 特別版】
消防ポンプ自動車の進化 CD-I型
ファイヤーアカデミー/湯浅伸二
クラシック消防車
◇全国新車速報
新車Detail Up
救助工作車II型(横須賀市消防局)
救助工作車III型(千葉県消防学校)
化学消防ポンプ自動車II型(伊丹市消防局)
水槽付消防ポンプ自動車I-B型(上田地域広域連合)

 

おらぁどぅ元気だがや!
消防防災訓練レポートPRES
世界の「救急事情」探訪
そうか、そうすればいいんだ
メカの謎解き
古武術式 発想の転換法
news
MEDIA CLIPPING