トップミリタリー関連(軍用機/戦車/艦船)ミリタリー一般/読み物/その他

New続 空包戦記
 新刊 
続 空包戦記
ISBNコード:978-4-8022-1059-1
刊行種別:書籍
発売日:2021年07月27日
サイズ:四六判
ページ数:308
定価:1980円(税込)
在庫状況: 

元陸将が切り拓いた、波瀾万丈の自衛官人生録

防衛駐在官として見た「韓国」、連隊長として向き合った「地下鉄サリン事件」、富士教導団長として指揮した「富士総合火力演習」―。専守防衛の自衛隊を生き抜いた、波乱万丈の自衛官人生録。陸上自衛官として激動の時代を過ごし、自衛官人生を見事にまっとうした筆者が見たものはなにか。“空包”にかけた自衛官の誇りがここにある。 



 
     
   
     

CONTENTS

はじめに
序章 「中隊長」奮戦記――上司と部下から学ぶ日々
第一章 出生――島を出よ 大いに羽ばたけ
第二章 進学・入隊――防衛大学校と幹部候補生学校
第三章 出世の条件――調査学校と指揮幕僚課程(CGS)
第四章 援護――北部方面総監部・再就職斡旋の最前線
第五章 出向――外務省での「背広」勤務で掴んだもの
第六章 陸幕――挫折と飛躍・軍事情報活動の基本を学ぶ
第七章 防衛駐在官――韓国陸軍・白善Y将軍の教え
第八章 地下鉄サリン事件――都内の毒物を探知し、これを除去せよ
第九章 情報畑――最後の「陸幕調査第2課長」
第十章 情報本部画像部長――初の新編部隊勤務、キャリア官僚と働く
第十一章 将官への昇任――第11師団副師団長へ補職
第十二章 富士教導団長――富士総合火力演習の実施を担任・指揮
終章 陸将昇任――九州補給処長、西部方面総監部幕僚長