トップミリタリー関連(軍用機/戦車/艦船)ミリタリー一般/読み物/その他

New極超音速ミサイル入門
 新刊 
極超音速ミサイル入門
ISBNコード:978-4-8022-1005-8
刊行種別:書籍
発売日:2021年04月05日
サイズ:A5判
ページ数:168
定価:1760円(税込)
在庫状況: 

世界はいま、新たなミサイルの脅威に直面する

1993年に北朝鮮が、日本のほぼ全域を射程に出来るノドン弾道ミサイルの発射試験を実施して以来、日本は弾道ミサイル防衛(BMD)を重視する安全保障政策を続けてきた。しかし、いまや、日米が長年構築してきたBMDで『防げない』ことを開発の目的とした極超音速滑空体ミサイル、極超音速巡航ミサイル、不規則軌道ミサイルが出現しているのである。
今後、確実に、日本をはじめ各国を取り巻く大きな脅威となる新たな兵器として開発と配備が続けられていくであろう「極超音速ミサイル」とは何なのか。
本書は各種の極超音速兵器について、その種類や性能、各国(ロシア、アメリカ、中国、インド、北朝鮮、フランス、そして日本)における開発の概要、さらに有効な対応策について、基礎的な情報を網羅し解説した1冊。まだあまり知られていない新たな脅威の中味を知りたい人は、是非読んでみてほしい。 



 
     

【CONTENTS】


はじめに

 

第1章 核兵器とミサイル
巡航ミサイル
弾道ミサイル
弾道ミサイルからの防衛
極超音速兵器のはじまり

 

第2章 ロシアの極超音速ミサイル
イスカンデルMシステム
ふたつの極超音速ミサイル

 

第3章 アメリカの極超音速兵器プロジェクト

 

第4章 中国の極超音速ミサイル

 

第5章 その他各国の極超音速ミサイル事情
インド
北朝鮮
フランス
日本

 

第6章 極超音速ミサイルへの対処
基本的なミサイル防衛の方法
米国とロシアの極超音速ミサイル防衛

 

おわりに