トップミリタリー関連(軍用機/戦車/艦船)軍用機(機種ガイド/解説本/航空自衛隊/他)

 
New戦う飛行船 第一次世界大戦ドイツ軍用飛行船入門
 新刊 
戦う飛行船 第一次世界大戦ドイツ軍用飛行船入門
ISBNコード:978-4-8022-1187-1
刊行種別:書籍
発売日:2022年12月23日
サイズ:B5
ページ数:200
定価:2970円(税込)
在庫状況:.

世界初の近代的総力戦となった第一次世界大戦において、ドイツ軍は巨大な飛行船を兵器として多数運用した。その数は百隻を優に超える。
彼女たちは劣勢に立たされた祖国を救うゲームチェンジャーたることを期待され、多岐に渡る任務に就いた。戦略爆撃、対地・対艦攻撃、哨戒・偵察、輸送…新時代の航空戦の幕開けだ。
 本書は、本邦唯一の「兵器としての飛行船」の入門書として、飛行船の発展、各部メカニズム、ドイツ軍飛行船の戦術・運用、組織・編制、基地などのインフラ、主要な戦闘とその帰結、関連する著名な技術者・軍人、後世の軍事・航空への影響などを、カラーイラストや写真を多数交えつつ、詳解する。
 「気球と飛行船の違い」から易しく説き起こし、ドイツでのみ長足の進歩を遂げた政治的・軍事的背景、ユトランド沖やブリテン上空での死闘、そして飛行機に敗れ去るまで。ドイツ飛行船の栄光と悲劇の全てがここに。 

   
     
 
     
 
     
 
     
 
     

CONTENTS

カラーイラスト集
序文

 

第1章 飛行船の技術と発展

 

第1節 飛行船の定義
第2節 飛行船が飛ぶ原理
人物列伝:フェルディナント・フォン・ツェッペリン伯爵
第3節 飛行船の部位に関する技術的解説
人物列伝:ツェッペリン以外の飛行船開発者たち
第4節 軍用飛行船の発展〜各型式とタイプについての概説〜


第2章 飛行船の運用 059

 

第1節 ドイツ陸海軍の飛行船の任務及びその用途
第2節 ドイツ陸海軍の飛行船に関する組織
第3節 飛行船を運用する
コラム:映像で見るドイツ軍用飛行船
第4節 飛行船運用のためのインフラ
人物列伝:飛行船を駆った軍人たち


第3章 第一次世界大戦におけるドイツ軍用飛行船の戦い

 

第1節 戦力の拡充と緒戦の活躍(開戦から1915年末まで)
戦闘記録:英国初空襲
戦闘記録:ロンドン初空襲
戦闘記録:マティのロンドン襲撃
DOCUMENT:戦略爆撃の始まり

 

第2節 “分水嶺” 戦略兵器としての飛行船の敗北(1916年)
戦闘記録:対英艦隊決戦構想と飛行船 ―ユトランド沖海戦とサンダーランド砲撃―
戦闘記録:総力を挙げた空爆と、SL 11の喪失
戦闘記録:R級2隻の喪失
戦闘記録:マティの死
戦闘記録:バルカン戦線における飛行船の活動及び8月28日のブカレストに対する攻撃
DOCUMENT:連合軍の対抗策

 

第3節 死闘と終焉 (1917年から1918年の終戦まで)
戦闘記録:1917年4月23日の商船拿捕
戦闘記録:L 43と英巡洋艦「シドニー」との対決
戦闘記録:1917年6月17日のラムスゲイト空襲
戦闘記録:サイレント・レイド
戦闘記録:1918年3月13日のハートルプール空襲
戦闘記録:シュトラッサーの最期
戦闘記録:L53撃墜
DOCUMENT:ドイツ海軍における飛行船から飛行機への転換
戦闘記録:アルビオン作戦
戦闘記録:「アフリカ号」の冒険

 

終章 「それでも、飛行船は飛ぶ」
第1節 ドイツ飛行船団の滅亡
第2節 兵器としての飛行船の”成果”と限界
第3節 旅客飛行船黄金期
第4節 飛行船の未来

 

参考文献一覧