トップミリタリー関連(軍用機/戦車/艦船)軍用機(機種ガイド/解説本/航空自衛隊/他)

F/A-18 完全マニュアル
    
F/A-18 完全マニュアル
ISBNコード:978-4-8022-0882-6
刊行種別:書籍
発売日:2020年06月27日
サイズ:A4変型判
ページ数:170
定価:4180円(税込)
在庫状況: 

車や鉄道、飛行機など趣味のジャンルの専門書で有名なイギリスのヘインズ社。 中でも世界的に人気を博しているのが、この“オーナーズ・ワークショップ・マニュアル”シリーズだ。 既刊の『F-16』『F-15』『F-14』に続いて、いよいよ『F/A-18ホーネット/スーパーホーネット』の日本語版『F/A-18完全マニュアル』が完成! F/A-18開発史、その派生型、F/A-18E/Fスーパーホーネットの徹底解剖、実戦でのF/A-18、エンジンやウエポン、世界のF/A-18オペレーター、そして米海軍F/A-18パイロットとWSOのフライトの実際などなど、知りたいことは全部入っている決定版!しかも日本語版は、原書だけでは理解しずらい部分に訳者注をつけるなど、さらに読みやすい内容になっているのがポイント! 



 
     
 
     
 
     
 
     

CONTENTS

はじめに

 

第1章 ホーネット物語

 

LWF(軽量戦闘機)競争試作
海軍空戦戦闘機(NACF)
再開発:YF-17コブラからホーネットへ
部隊配備
スティンガーの改良計画
スーパーホーネット
グラウラー

 

第2章 F/A-18

 

ホーネット・ファミリー
F/A-18A/Bホーネット
F/A-18C/Dホーネット
F/A-18E/Fスーパーホーネット
EA-18Gグラウラー
F/A-18機体構造強化プログラム
F/A-18ソフトウェア更新プログラム

 

第3章 世界のF/A-18

 

EA-18G運用国
アメリカ合衆国海軍及び海兵隊
レガシーホーネット部隊
スーパーホーネット部隊
グラウラー部隊
王立オーストラリア空軍
王立カナダ空軍
フィンランド空軍
クウェート空軍
王立マレーシア空軍
スペイン空軍
スイス空軍

 

第4章 戦うF/A-18

 

イラク 1991年
バルカン半島 1990年代
イラク飛行禁止空域 1991-2003年
中東における対テロ世界戦 2001年から現在まで
リビア 2011年
シリアとイラク イスラム国との戦争(2014年6月から現在まで)
北米防空
ボルネオ ラハドトゥ侵攻2013年

 

第5章 スーパーホーネット解剖

 

2次動力システム
電力供給システム
照明システム
油圧供給システム
着艦フック
主翼折り畳みシステム
操縦性増強システム(CAS)
操縦装置
スピン回復システム
自動操縦システム
兵器システム操作
環境制御システム
酸素供給システム
火災探知・消火システム
キャノピー・システム
射出座席
アビオニクス
最適飛行支援システム
対抗手段システム
統合ヘルメット装着キューイングシステム

 

第6章 スーパーホーネットのエンジン

 

スーパーホーネットのエンジン
FADEC
エンジン・サブシステム
スロットル
ディスプレイ装置
自動スロットル制御(ATC)システム
燃料供給システム

 

第7章 F/A-18のウェポン

 

空対地兵器
空対空兵器
スーパーホーネットの兵器
センサーと任務プロフィール

 

第8章 スーパーホーネットでの飛行(パイロット)

 

任務計画
ブリーフィング
乗機に向かう
飛行甲板(フライトデッキ)
発艦準備開始・飛行甲板での点検
発艦
ランデブー
スウィープ編隊侵攻
ターボックス侵攻開始
ハンマー・アタック
離脱
リカバリー(回収)
終わりに

 

第9章 スーパーホーネットでの飛行(兵装システム士官)

 

選抜そして訓練
艦隊勤務

 

第10章 ホーネットの整備(王立カナダ空軍)

 

始まり
日常業務
パイロット搭乗前
発進手順
リカバリー(回収)
シフト交替
エンジン・テスト
長い夜
航空機整備支援機材(AMSE)
フェーズ(定期)検査
飛行隊の一員として

 

Appendix
F/A-18Eスーパーホーネット機体データ
略号