トップエアライン/旅客機/空港季刊航空旅行

New航空旅行 vol.35 (2020 AUTUMN)
 新刊 
航空旅行 vol.35 (2020 AUTUMN)
ISBNコード: 
刊行種別:別冊
発売日:2020年10月27日
サイズ:A4変型判
ページ数:144
定価:1640円(税込)
在庫状況: 

「Go To トラベル」キャンペーンが盛況であることを見ても、多くの人が旅行へ出たくてうずうずしていたことが伝わってくる。一方でコロナ禍の収束はまだ見通せず、残念ながら海外旅行ができる状況ではない。しかしこの際、発想をポジティブに切り替え、国内旅行の楽しさや手軽に出かけられるメリットを改めて見つめ直す契機としてはどうだろうか? 日本には素晴らしい観光地が豊富にあるし、国内線のフライトも進化し続けている。そんな日本の魅力を再発見する旅へいざ出発!

【主な内容】
「神の島、久高島へ」
■ANA 羽田〜那覇線

これが国内線フライトの「最新型」
■JAL 羽田〜福岡線

[withコロナ時代のフライト]
ビジネスクラスに乗れたらラッキー!
コロナ禍で国際線機材が国内線に不定期投入

ネットワーク&便数/機内サービス/空港サービス/運賃/マイレージ
新型コロナウイルスで変わった空の旅

2020年9月4日、コロナ禍の国際線に乗った!
NH211便羽田発ロンドン行きのリアル

時間と金と臨機応変の対応力があれば行ける?
コロナ禍でも海外旅行をあきらめない!

早く思い出になってほしい…
新型コロナ、異常事態の記録 



 
     
 
     

【CONTENTS】

海外へ行けない今だからこそ
国内線の旅、再発見!

 

エアラインと乗客が協力してつくる
コロナに負けないための新しい空旅のカタチ
ANA 羽田〜那覇線

 

沖縄の原風景を求めて―
久高島

 

国内線3クラスサービスはJALだけ
全席モニター付きのA350&787-8
これが国内線フライトの「最新型」
JAL 羽田〜福岡線

 

サクッと楽しむ日帰り福岡小旅行
糸島半島

 

[withコロナ時代のフライト]

 

ビジネスクラスに乗れたらラッキー!
コロナ禍で国際線機材が国内線に不定期投入

 

航空業界に与えた深い傷
新型コロナウイルスで変わった空の旅
(ネットワーク&便数/機内サービス/空港サービス/運賃/マイレージプログラム)

 

2020年9月4日、コロナ禍の国際線に乗った!
感染症対策はしながらも拍子抜けするほどスムーズ
NH211便羽田発ロンドン行きのリアル

 

アパートを借りて暮らすように旅をして
ポートワインの芳醇な香りに出会う

 

時間と金と臨機応変の対応力があれば行ける?
コロナ禍でも海外旅行をあきらめない!

 

早く思い出になってほしい…
新型コロナ、異常事態の記録


[第2特集]
シートやサービス内容を熟知して快適に過ごそう!
エコノミー&プレミアムエコノミー 徹底研究

 

限られた空間で快適性を追求
【エコノミークラス編】

 

狭いながらも快適性と機能性は大きく向上
いまどきのエコノミークラスシートを知る

 

旅の目的や同行者によってベストシートは変わる
機種ごとの座席の配列の特徴

 

有料で指定するケースも増加中
シチュエーション別座席の賢い選び方

 

3種類のシート、2種類の座席配列がある
ANAボーイング777-300ERのベストシートはどこか?

 

世界最高レベルのエコノミークラス
「JAL SKY WIDER」シリーズの特長とスペック

 

狭くてもくつろげる工夫がいっぱい
シート周りの最新機能をフル活用しよう

 

進化を続ける個人用モニター
IFEを使いこなして、より快適に

 

やっぱり乗るなら最高!
エアバスA380のエコノミークラス

 

1か所あたり何人の乗客で使うのか?
化粧室は長旅を左右する大事なポイント

 

人気のホノルル線でチェック!
就航各社の機材とシート

 

エコノミークラス機内食の現在地
味や見た目にこだわるエアラインが増加中


各社で個性的なサービスを実施
【プレミアムエコノミークラス編】

 

すべてにおいてワンランク上
最新プレミアムエコノミーシートの特徴

 

JALとANAのシートで比べてみた
エコノミークラスとはこんなに違う

 

エアラインや機材によってもいろいろ
座席配列&座席指定のポイント

 

出張需要が高いロンドン線でチェック!
就航各社の機材とシート

 

メニューの内容やドリンクで差別化
エアラインによっては豪華な機内食を提供

 

機内食のプラスαだけじゃない
ラウンジが使えるエアライン

 

まだまだ発展途上、さらなる進化に期待
次世代のプレミアムエコノミー

 

ほか