トップミリタリー関連(軍用機/戦車/艦船)季刊ミリタリー・クラシックス

New[予約] MILITARY CLASSICS  VOL.66
 近刊 
[予約] MILITARY CLASSICS  VOL.66
ISBNコード: 
刊行種別:季刊
発売日:2019年07月20日
サイズ:AB判
ページ数:170
定価:1730円(税込)
在庫状況:2019年07月20日

巻頭特集は東亜に吼えた鋼鉄の獅子 九七式中戦車チハ。
太平洋戦争緒戦から終戦まで最前線で奮戦し、多くの派生型を生んだ帝国陸軍の主力戦車を様々な視点から詳解していく。
第二特集ではフランス最強にして最後の戦艦リシュリュー級について多角的に紹介していく。 
 
 
     
 
     
 
     
   

CONTENTS



●第一特集
東亜に吼えた鋼鉄の獅子
九七式中戦車チハ

 

 日本陸軍は昭和12年(1937年)、八九式中戦車の後継として、
比較的大型で高価な4人乗りのチハと、小型で安価な3人乗りのチニの2車種を試作した。
結果、チハが九七式中戦車として採用され、結局、昭和16年に勃発した
太平洋戦争の全期間を通じて日本陸軍の主力戦車として戦う抜くこととなる。
チハの主砲は短砲身57mm榴弾砲で、最大装甲厚は25mm、速度は38km/h。
機動戦に向いた快速の歩兵支援戦車であったが、対戦車戦闘には不向きだった。
その後昭和14年のノモンハン事件の戦訓を受け、装甲貫徹力の大きい主砲の開発が加速。
便宜上、「九七式中戦車改」や「新砲塔チハ」と呼ばれる、
長砲身47mm砲を搭載した九七式中戦車が太平洋戦争開戦後に実戦投入された。
九七式中戦車は中国大陸の戦いや大戦緒戦の米英戦では大きな活躍を収めたが、
M3軽戦車など対戦車戦闘力に優れた米英戦車には苦戦。
大戦後半は九七式中戦車改が主力となったが、それでも強力なM4中戦車には分が悪かった。
後継戦車も実戦には間に合わず、日本戦車部隊は最後まで悲壮な戦いを強いられることになった。
それでもチハは一式中戦車や三式中戦車をはじめ、日本陸軍の多くの装甲戦闘車輌のベースとなるほど
発展性に優れた車輌であり、日本戦車隊の屋台骨を支えた最大の功労車だったことは間違いない。
本特集では、良くも悪くも日本陸軍の戦車を象徴する九七式中戦車チハを様々な視点から詳解していく。

 

●第二特集
フランス最強最後の高速戦艦
リシュリュー級戦艦

 

 1930年代前半にドイツ海軍が「ポケット戦艦」ドイッチュラント級を建造すると、
フランス海軍はそれに対抗してダンケルク級戦艦を建造。
するとドイツ海軍はシャルンホルスト級の、イタリア海軍はリットリオ級の建造を開始した。
そのためフランス海軍もダンケルク級の拡大版であるリシュリュー級戦艦2隻の建造を決定したのであった。
ダンケルク級は艦前部に33cm四連装砲2基8門を集中装備して防御区画を局限していたが、
リシュリュー級もそれを踏襲し、艦前部に38cm四連装砲2基を集中配置した。
この配置により、リシュリュー級は基準排水量4万トンの船体に、38cm砲8門と強固な装甲、
そして30ノットを発揮できる15万馬力の機関を備えることができたのである。
同世代の欧州戦艦であるドイツのビスマルク級、イタリアのリットリオ級、
イギリスのキング・ジョージX世級と比べても勝るとも劣らない、強力な戦艦であった。
しかし1939年9月の第二次大戦開戦時、1番艦「リシュリュー」は艤装途中、
2番艦「ジャン・バール」は進水すらしておらず、仮想敵であった独伊の戦艦と矛を交えることはなかった。
それどころか2隻は、かつての友・米英海軍と戦うことになる。
その後「リシュリュー」は連合軍に参加しアメリカで完成、インド・太平洋方面の作戦に参加。
「ジャン・バール」は戦後の1949年にようやく完成し、「史上最後に完成した戦艦」となった。
本特集では、フランス最強にして最後の戦艦リシュリュー級について多角的に紹介していく。