トップ鉄道関連(路面電車・バス)その他

 
New降りて、見て、歩いて、調べた 山陽本線126駅
 新刊 
降りて、見て、歩いて、調べた 山陽本線126駅
ISBNコード:978-4-8022-1106-2
刊行種別:書籍
発売日:2021年12月03日
サイズ:A5判
ページ数:304
定価:1760円(税込)
在庫状況:.

西日本を代表する大動脈。その各駅には何がある?
東海道本線に次ぐ大動脈たる山陽本線。異国情緒溢れる港町からはじまって、時には海を見ながら、時には山の中に分け入って、最後は世界初の海底トンネル・関門トンネルで九州に渡る。
途中には誰もが行ったことがあるだろう名高い都市がいくつもある。しかし、もちろんそうした町ばかりではない。なかなか観光で訪れることもないような町ばかりが続く。しかしどんなに小さくて地味な駅であっても、駅があればお客がやってくる。
かならずそこに物語があるものだ。
総延長は534.4km、駅は126駅。その端から端まで、すべての駅に降りてみよう。 

   
     
 
     
 
     

CONTENTS


第1章
アーバンネットワークの一翼を担う
神戸〜上郡

 

第2章
山を越えて瀬戸内海を垣間見つつ西へ
三石〜糸崎

 

第3章
真っ赤に燃える中国地方の中心を駆け抜ける
三原〜岩国

 

第4章
本州最西端へ、そして海を渡る
南岩国〜門司

 

年表