トップ鉄道関連(路面電車・バス)その他

New先を見過ぎた鉄道車両たち
 新刊 
先を見過ぎた鉄道車両たち
ISBNコード:978-4-8022-0982-3
刊行種別:書籍
発売日:2021年02月26日
サイズ:B6判
ページ数:260
定価:1980円(税込)
在庫状況: 

戦後、国鉄が生み出した数々の名車たち。その陰では、構想や計画が立てられたものの、実現しなかった鉄道車両も多く存在した。本書では、こうした日の目を見なかった鉄道車両について、その時代の鉄道事情を踏まえながら、その後の鉄道車両にどのように影響を与えたかを振り返る。昭和50年代の新型気動車のように現実味を帯びていた計画から、カプセル式新在直通新幹線のような職員の構想まで、さまざまな「未来の車両」のプランを紹介する。 



 
     
 
     
 
     
   
     

CONTENTS



●掲載する「未来の車両」

 

夜行急行用の寝台電車構想
ロングシート・クロスシート転換車両
特急「ひばり」用連接・振り子車両
山陽新幹線開業後の在来線電車の有効活用計画
国鉄末期の次世代特急電車
ガスタービン車両による高速化計画
国鉄末期の新型ディーゼル急行・特急構想
セルフサービス食堂車
新在直通カプセル式新幹線
博多開業で投入を目指した新幹線寝台電車
分割・併合対応の新幹線
新幹線荷物電車構想
新幹線モデルチェンジ車と個室ひかり計画
スーパーひかり計画
350q/hを目指した新幹線試験車
貨物列車のスレーブコントロール
1970年代以降の機関車計画
9000ps電気式ガスタービン機関車
原子力機関車AH100
雪に挑むジェット式除雪車