トップエアライン/旅客機/空港月刊エアライン

 
エアライン 2022年10月号
    
エアライン 2022年10月号
ISBNコード: 
刊行種別:月刊
発売日:2022年08月30日
サイズ:A4変型判
ページ数:196
定価:1540円(税込)
在庫状況:.

特集は「ニッポンのエアライン」。ネットワークやフリート、サービスなど航空会社としてのプロファイルの面で豊かな表情を見せる、ニッポンのエアライン25社。需要回復傾向も鮮明になる中、過酷な逆風のコロナ禍を経て、より強く、しなやかに。大手ネットワークキャリアからLCC、リージョナルやコミューターの各社まで、新時代への期待が高まる2022年8月時点、全社の最新ステータスをまとめた。 

   
     
 
     
 
     
 
     
 
     
 
     

 

【CONTENTS】


■特集
本格回復へ!最新ステータス2022
ニッポンのエアライン

 

ANA
ANAウイングス
エアージャパン
JAL
日本トランスオーシャン航空
琉球エアーコミューター
J-AIR
日本エアコミューター
北海道エアシステム
ピーチ・アビエーション
ジェットスター・ジャパン
スプリング・ジャパン
ZIPAIR
スカイマーク
AIRDO
ソラシドエア
スターフライヤー
IBEXエアラインズ
フジドリームエアラインズ
天草エアライン
オリエンタルエアブリッジ
新中央航空
第一航空
日本貨物航空
ANA Cargo

 

3年ぶりに行動制限のない夏休み
コロナを吹き飛ばす2022年夏の国内線

 

まず成田ベースのフィールエアEAST、2024年4月就航
フランチャイズの地域航空 フィールエア、始動

 

2022年度中の運航開始に向け、ATR72-600もスタンバイ完了
新潟から日本の空を変える、トキエア就航間近!

 

2機のATR72で2024年就航を目指す
関西と北陸・山陰を結ぶジェイ・キャスの勝算

 

777-8F、737 MAXを導入決定
アフターコロナ時代のANA最新フリート計画を分析する

 

3社3様の特徴をどう活かすのか
担当者に訊く!JALのLCC戦略

 

2大LCCの最新ロングレンジャーを比べる!
徹底比較! ピーチ×ジェットスター A321LR

 

九州から全国へ!ピスタチオグリーンの翼が迎えた節目
ソラシドエア就航20周年

 

ソラシドエア×AIRDOの新たな経営形態
「リージョナルプラスウイングス」とはなにか

 

機材大型化を示唆した、新聞報道の可能性
スカイマーク後継機選定を考える

 

収益向上と認知度向上の一挙両得
スターフライヤーが挑む新たな市場

 

地域と地域を結ぶ、FDAの名古屋ベース徹底取材
フジドリームエアラインズの真髄

 

去りゆくJA801Bと飛んだ、美しき長崎=壱岐のORC空路
オリエンタルエアブリッジDHC-8、ラストスパート!

 

SDGsを目指しつつ、さらなる個人嗜好に対応する
ZIPAIR開発担当者に訊いた、機内食の最新トレンド

 

キャビンに華咲くプロダクトの多種多様
ニッポンのエアライン シートカタログ 2022

 

中部国際空港(株)・月刊エアライン共同企画
第17回 セントレアフォトコンテスト審査結果発表

 

夏休みの子供向けお仕事体験イベント in 787
ZIPAIR×Be-A「未来キャリアセミナー」

 

もっと知りたい飛行機と空のこと、小学生のための
JTA夏休み自由研究チャーター
〈座学・フライト・綱引き〉の体験学習イベント

 

Tシャツや帽子姿のCAがサウナ旅訴求
スプリング・ジャパン、佐賀線で「サウナ便」運航

 

スクート、成田=シンガポール線直行便開設。
TR809初便搭乗レポート
787でダイレクト・シンガポール!

 

絶景自慢のアメリカンな出発ラウンジ
「DELTA SKY CLUB」羽田T3に誕生

 

9月1日オープン予定 日本初登場の国際線ラウンジブランド
NRT最新ラウンジ「ASPIRE」

 

パンデミックを乗り越え再開した老舗トレードショーの光と影
ファーンボロ・エアショー詳報

 

空港スタッフ喪失による発着制限が、欧州のヴァカンス・シーズンを襲った
easyJet搭乗とスキポールの現場から

 

成田就航の虎の子、貨物型コンバートの737-800BCF
チェジュ航空で見た、LCCフレイターの新展開!

 

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル×Skyart Japan
世界初。ホテルで737MAX SIM体験
“Sky Experience”

 

JAL企画 航空業界研究書 「エアライン・マネジメント -戦略と実践-」の刊行に寄せて
対談 夢のある将来を描く エアラインの入門書 ─その意義と特色とは

 

軽快なフットワークと絵作りの挑戦は、APS-Cミラーレス一眼でこそ!
ルーク・オザワ、撮り下ろし第2弾
EOS R7で新千歳へ。

 

ほか