トップエアライン/旅客機/空港月刊エアライン

Newエアライン 2021年10月号
 新刊 
エアライン 2021年10月号
ISBNコード: 
刊行種別:月刊
発売日:2021年08月30日
サイズ:A4変型判
ページ数:164
定価:1430円(税込)
在庫状況: 

ホノルルにANA FLYING HONU A380が戻ってきた!1年5か月ぶりのカムバックとなったフライト初便に同乗取材、成田から機上、そしてホノルルまでリポート。このフライトを待ち望んだ乗客とクルー、スタッフの喜びの表情とともに、ホノルル現地で空撮を敢行、本来の舞台であるハワイの空に帰ってきたFLYING HONU(空飛ぶウミガメ)の姿をとらえた。
ホノルル線ではZIPAIRも運航再開、復調へ向け歩み出した日本とハワイを結ぶ航路の最新地図をお届けする。
第2特集は、今年で民営化5周年を迎えた仙台空港の姿を、IBEXの仙台ベース探訪とあわせて現地リポート。日本の空港の民営化がどう進み、何が変わったか、その最新形をお伝えする。
ゴールドの鶴丸マークが輝く特別塗装機「みんなのJAL2020ジェット」3号機(A350-900 JA06XJ)、スターフライヤーのA320自社購入機JA08MCの退役空輸フライト同乗記など、各社の最新動向をフォロー、コロナ禍にあっても前へ動くムーブメントを収録する。 



月刊エアライン2021年10月号    
     
     
     
 
     
 
     
 
     

CONTENTS


ANA A380 FLYING HONUウェルカムバック!
日本=ハワイ
最新航路図

 

1年5か月ぶりにHONUがハワイに帰ってきた!
2021.8.9〜8.15 ANA A380
FLYING HONU ホノルル完全レポート

 

約半年ぶりにJA825Jが太平洋を越え、目玉路線に復活
ZIPAIR ホノルル線運航再開

 

復調へ動き出す本邦キャリアと米国内需要の摘み取りに向かう米国キャリア
日本=ハワイの航路動向
航空会社はどう動くか。

 

2021年8月、ホノルル→ロサンゼルス線に搭乗してわかったこと
米国内線需要の急増で活況に沸くハワイ=米本土線

 

各社魅力的な機内食やシートでリゾート客獲得をねらう
日本=ハワイ線
サービスカタログ

 

ホノルル ダニエル・K・イノウエ国際空港、その全体像と撮影事情
HNL空港ガイド

 

寄港地から目的地へ、70年の歴史を重ねたハワイ空路
憧れの空のハワイ航空史


特集2 ここまで進んだ、日本の空港民営化

 

民営化5周年を迎えた、仙台国際空港の現在

 

仙台国際空港に本拠地を置く、航空会社の最前線
宮城の翼、IBEXエアラインズの仙台ベース

 

滑走路からテナント店舗誘致まで、エアポート・ビジネスという民間企業の着眼点
空港運営の民営化とは何か?

 

2021年も北海道、広島で続々移行中
空港運営を引き継いだ全国6社の実例
・広島国際空港 ・北海道エアポート ・熊本国際空港 ・福岡国際空港 ・高松空港 ・仙台国際空港


JAL特別塗装機「みんなの JAL2020 ジェット」3号機デビュー
東京オリンピック・パラリンピック 空からの応援隊

 

「北海道・北東北の縄文遺産群」の世界文化遺産登録記念!
“JAL JOMONジェット”

 

中部国際空港(株)・月刊エアライン共同企画
第16回 セントレアフォトコンテスト審査結果発表

 

航空会社が考える全く新しいビジネスモデル
ANA Avatarin始動

 

ANA 787の機体洗浄シーンに密着
明日へのフライトへ、翼を磨く。

 

SFJ初の自社購入機JA08MCの売却空輸フライト
国内区間(北九州→女満別)に同乗
SFJ3908便“ サンキュー! ゼロハチ”

 

顔認証技術による国際線の新しい搭乗手続き
非接触の“顔パス”搭乗スタイル「Face Express」

 

JAL出身の中国エキスパート
春秋航空日本、米澤社長の決意

 

見通せない、型式証明取得への問題点
ボーイングに立ちはだかる777Xの難題

 

ロシアでは平常規模で開催された国際航空ショー
“MAKS2021”報告 モスクワの注目機

 

エアライナー愛好家の視点から注目するべき参加機の雄姿
海軍航空パレードのロシア機たち

 

飛来機通信TOKYO 2020
特別編(前編)

 

ほか