トップエアライン/旅客機/空港月刊エアライン

Newエアライン 2020年5月号
 新刊 
エアライン 2020年5月号
ISBNコード: 
刊行種別:月刊
発売日:2020年03月30日
サイズ:A4変型判
ページ数:172
定価:1430円(税込)
在庫状況: 

聖火特別輸送機「TOKYO 2020号」の羽田空港での出発式、航空自衛隊松島基地での到着式を記録、歴史的フライトの模様をリポートする。TOKYO 2020号の誕生にちなみ日本の旅客機コレクションスペシャルマーキングを研究!注目のNEWSを読み解く航空トレンド最前線2020ほか、3/29オープンの羽田空港第2ターミナル国際線エリアを紹介する。 



 
     
 
     
 
     

CONTENTS

二社が力を合わせたオリンピック聖火空輸
特集 聖火特別輸送機“TOKYO 2020号”

 

3月20日、主翼を大きく上方へと反らせ着陸したボーイング787は、登録記号JA837J。昨年10月にデザインがアンベールされた聖火特別輸送機の“TOKYO 2020号”であった。
3月18日に羽田空港を出発した同機は、古代オリンピック発祥の地、オリンピアのヘラ神殿にて採火した聖火をアテネから運び、この日、宮城県の航空自衛隊 松島基地に到着。
運航面では、ともに今大会のオフィシャルパートナーであるJALとANAが協力して、この輸送ミッションを成功裏に終えた。
最新号では、JAL・ANAの両社員が手を振り見送った羽田空港112番スポットでの出発セレモニー、そして松島基地での聖火到着式典の模様を記録。歴史的フライトの模様をリポートする。

 

最新ライブリーで語る日本の旅客機コレクション
スペシャルマーキング研究

 

施工が容易なラッピングフィルムであるデカールの普及と印刷技術の向上にともない、近年では特別塗装機が続々と登場している。デビューしたばかりのJAL「日本博」特別機やHACのATR42初号機をはじめ、オフィシャルエアラインのJAL/ANA2社が共闘するオリンピック特別塗装、新機材の優位性をアピールするJAL A350XWB、ライバルの牙城を切り崩すための切り札ANA FLYING HONU、さらにはリージョナルエアラインの地域に密着した取り組みまで、日本の空を彩る最新ライブリーを総覧。航空会社が特別塗装機を就航させる狙いはどこにあるのか。航空機をキャンバスに見立て、何を描き、何を訴求するのか。現役の特別塗装機から見えてくる、エアラインブランディングの側面をウォッチ!

 

三菱スペースジェット10号機、ANA・JAL新機材、777X、日本のLCC動向、羽田新ルート…
注目のヒコーキNEWSを読み
航空トレンド最前線2020

 

昨今、航空ニュースを席巻しているのは新型コロナウイルス関連の話題ばかりだが、2020年から21年にかけて、日本と世界の航空業界には多くのムーヴメントがある。たとえば、新型機の開発進捗はどうなっているのか。このうち「2021年度以降」の就航を目指して飛行試験を進めている国産リージョナルジェットの三菱SpaceJet M90については、3月18日に最終形態の飛行試験機(FTA-10)が初飛行に成功し、そのレポートを本特集でお届けする。
このほか、注目すべきトピックとして、ANAやJAL、あるいはLCC各社など日本のエアラインにおける新機材はどうか。この春から拡大した羽田空港の新飛行経路や、国際線エリアを増設した第2ターミナルはどう変わるのか。さらに、ZIPAIRは、737 MAXは、A380は。こうした様々なテーマから民間航空のトレンドについて、エンスージアストの視点で解説していきたい。

 

羽田空港第2ターミナルの国際線エリア供用開始!

 

3月29日、第2ターミナル国際線エリアの運用スタートでANA便を中心に激変する、開業直前の羽田空港国際線をピックアップ。特徴的な外観の新しい施設のベールの中には、まずスマートチェックインが可能な最先端施設を誇る出発ロビーが広がり、巨大なガラス壁越しにランプエリアと滑走路RWY34L/16Rのトラフィックまでを望む。さらに新たなANA国際線旗艦ラウンジ、ANA SUITE LOUNGE/ANA LOUNGE/ANA ARRIVAL LOUNGEをそれぞれ紹介。隈研吾氏監修の温かみのあるインテリアが、格段にスケールアップした空間に広がる。利用者の目の前で調理される「LIVEキッチン」、巨大ソファを配したプライベートスペース、さらに駐機場を眼下にした「足湯」まで、あたらしい羽田国際線の様子を垣間見る。